発電モニターって何?

今現在の発電量や電力の消費状況、どれぐらい量の充電ができているのか、電力会社からどれぐらいの電量を購入しているのかを数値で表示される機器です。
例えば発電状況に異常があった時、発電モニターにて電力量が落ちていることをチェックすることが出来ます。
SDカードにデータを取り込んでパソコンなどで推移を確認することが出来るタイプの機器もあります。
発電モニターにも壁掛け・TV・パソコン・LED表示と種類があります。
壁掛けタイプらなら気になった時にサッとチェックすることが出来て非常に便利ですよ。
LED表示やパソコンなど
ディスプレイ表示タイプは商業ビルなどで利用されることが多く、現在の発電状況などを訪問している人に知らせることで環境への取り組みをアピールし企業のイメージアップに繋げることが出来ます。
発電モニターには白黒とカラータイプの2種類があります。
カラータイプのほうが見やすいですが白黒に比べ価格が5万円近く高くなります。
テレビで発電状況をチェックすることが出来るタイプも有りますがこちらも高額で約8万円程度かかります。
モニターの種類は施工業者によっては選べないところもありますので、導入する前にかならず確認すると良いです。

42円物件について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です